レア情報の最近のブログ記事

多少の上げ下げ

| トラックバック(0)

ついに仕かける時という場合には、何をおいても事前準備を怠ってはならない。

相場に入る前ならば、物事を理性的に見ることができるゆとりがあります。

 

だけれども、いっぺん売買の内側に入ってしまうとどうやっても見え方が主観的になってしまいがちで重要な時に適切な判断を下せなくなる不安があります。

 

それだけに自らのメンタルが合理的なうちに、しっかりと準備をしておくことが必要です。

 

この"j事前準備"のためには、何はともあれ自分なりのストーリー展開を記す事から開始します。

 

これからのこの通貨はああだから円を売買するみたいにあなただけの物語を描いていきます。

 

次は相場を確認しましょう。

 

これまでのレートの値動きを見定めて現時点の相場を調べます。

 

そうしたら、「今現在は割りに安い場面にあるな」など、他には「とっくに大方の投資家の方々がエントリーしているから、これから先急に売り(または買い)しても今はもう間に合わないな」などと納得できます。

 

当然ですが今はもう売り(または買い)するが間に合わないなと思ったら、エントリーしないで、そこは潔くあきらめることか大切です。

 

どうしても自分自身のストーリー展開を押し通して、強引に新しく注文すると、外国為替相場に跳ね返されて、かえってマイナスになる危険があります。

 

ただかなりのケースで用意周到にあなたなりのストーリー展開を書いていれば売り(または買い)が遅いという場面にはならないと考えます。

大方、現実に外国為替市場が変化する前の状況のはずです。

 

次に、差し当ってあなたが注文しようと検討している通貨の上下動を正確に点検する事が大切です。

 

仮にドル高に向うと推測する物語を書いたのであれば、その外貨の変動に注目しておくことだ。

相場の変化を注視し始めた場面では、まだまだドル円は大きく上下動する気配を見せることはなく上がったり下がったり多少の上げ下げを繰り返しているだけだろう。

 

だが、その変動をしっかりと調べているとある位置でゆっくりと、ドル高へと市場が変化し始めます。

この状況で初めて、ドルの取引します。

基本的に、念入りに準備を進めておけば、その注文で稼げる可能性は割合高くなります。

 

PCの画面の前に座り、いつも上下している為替レートを見ていると理由無く売り買いをしたくなるという感情が生まれる場合も少なくないと思います。

http://maruta.be/mzta

だがしかし、ぼんやりした思いで売買することだけは、絶対に避けてほしい。

事実、外国為替市場は24時間為替市場が動いているし、為替レートも常に、変化しています。

しかしながら、頻繁に取引を重ねているとその分損をする率が増します。

無論、取引の数を積み重ねる事でトータルで勝つ確率か五分五分になっていくのは事実です。

 

しかし「ぼんやりとした思いつきで売り買い」してしまうこととは別の話だ。

 

トレード回数を積み重ねるということは、自ら「ここは勝てる」と思える確信を得られた場面での売り買いの回数を増やすという意味である。

 

ただ、売買を重ねるのとははっきりと違います。

 

為替相場の戦いに敗北しないためには自ら深く考えてけじめをつけることが大事です。

 

「ここはいける」と感じた外国為替相場の時には、覚悟を決めて所持ポジションを買い増して、思い切り儲けを追求する。

 

「明らかに難しい為替相場でどう上下するのかわからないな」と思ったならば、潔く保持ポジションをひとつ残さず閉じて何もせず静観します。

 

そのくらいのリズムをつけた方が最後には取引はうまくいきます。

 

相場の金言には「休むも相場」という言葉があります。

 

まったく言葉どおりだと思います。

 

外国為替相場とは、いついかなる時でもポジションを持っていることが重要ではなく、どの売買ポジションも所持せずじっと待っている事も事態によっては取引です。

 

それでは、どのタイミングで、休むといいのでしょうか。

 

第1に言われるのが前述したように、これから先の市場が明確に理解できない時です。

 

これから上がるのか下がるのか判断できない時は思いつきで行動すると、自分の作り上げた筋書きとは逆の方向に相場が動いてしまい、損をする事になります。

 

だから、そうした場面ではポジションを0にして、そのまま様子をみるのが最良の方法です。

 

ふたつめは、己の体の具合がすぐれない時。

 

体の状態と為替相場に関係性はないと思う投資家もいますが思いのほか関係あります。

 

体の状態が思わしくなければ、外国為替市場の重要なところで正確な決断を下すことができません。

 

興味がわかない時は、FXから遠ざかる事も大切な事です。

 

通常のはじめたばかりの人向けの外為取引の本では、「損が生まれた場面ではナンピン買いでポジションの平均を買い付けコストをコントロールする」等書かれていると思いますが、実際はそこには目に見えない危険があると考えます。

 

はじめに、ナンピンの手法について説明しておきます。

仮定として1ドル100円でドルを買ったとする。

 

$(ドル)買いですから、円安に推移するほど黒字が出ますが思っていたのとは逆に1ドル95円までドル安が進んでしまったとします。

 

その状況でポジションを保持し続けたらマイナスをなくすためには損した分、円安が進まなければならない。

 

皆さん、マイナスはなるべく早く0にしたいと願うでしょう。

 

この状況を変えるためはじめに取引したのと同じ額のドルを、1ドル=95円で買い増します。

 

それで、平均の単価は1ドル=97.50銭まで安くする事が出来ます。

 

これで、2円50銭の幅で円安に推移すれば、マイナスを回復できる。

 

それが、ナンピンの仕組みです。

 

このとおり、ナンピンのやり方を理解すると「確かに」と考えるが、為替は易々と上手くはいきません。

 

元々、95円が底値だということなど、誰も分かるはずがありません。

 

マーケットがかなり強い円高ドル安地合であるならば、95円では下げ止まらずに、一段の円高ドル安になる危険性がある。

 

一例として、1ドル=97.50円でナンピンをした場合に1ドル95円までドル安が進んだらナンピンしたポジションにも損失が生まれます。

 

この状態では、一番初めに持ったポジションと一緒に、ダブルで損失を被ることになる。

 

それゆえ、ナンピン買いは厄介です。

 

それでは、市場が自分自身の脚本とは逆向きにすぐに進んでしまった場合、どういった手段でリスクを避ければいいのでしょうか。

 

この場合選択できる手段は限られています。

 

ひとつは潔くあきらめて損切りをする事です。

 

もうひとつの選択肢としては今、自分が所持しているポジションを小さくする事によって為替相場がリカバリするのを何もしないで待ち望むことです。

 

ずいぶん後ろ向きな術だと感じる人もいるkもしれません。

 

だけど、自分が所有している買いポジションに差損が出た場合、一番妥当なやり方はそれ以外にはあるはずがありません。

 

理論上は、ナンピン買いという対策もあると思います。

 

だがしかしナンピンは、マイナスになっているにもかかわらず、買いポジションを整理するどころかそれとは逆にポジションを積み増していく手段です。

 

それでは、危険を制御することなど、できない察するべきです。

 

ナンピン買いをし続ければその内マイナスがプラスになるかもしれません。

 

だが、それより前に資金はマイナスになってしまいます。

http://sr-imanaka.com/check-point/

「スプレッド」とはFX投資は通貨を売買の注文をして利ざやを生む取引です。

 

買ったり売ったりの価格は、上がったり下がったりします。

それがマーケットです。

 

ニュースサイトを見ていると、外貨のマーケットの情報が流れる時があります。

例としてあげると、「今のマーケットは80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

 

これは80円50銭から80円52銭の間でトレードされているという意味ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭であることを表しています。

 

すなわち、取引には、買値と売値の両方の価格があります。

 

売値のことをビット、買値の事をアスクと表現している取引会社もあったりします。

 

売値が低くなるものです。

現実に買値は高く、売値は低くなるのが普通です。

 

その差額をスプレッドといい取引業者の収益といわれています。

スプレッドはFX業者によって変わります。

 

スプレッドの差はあなたにとって負担になるので、狭い業者をピックアップしたほうが有利です。

 

ただ、同じ取引会社でも場面に応じてスプレッドの差は大きくなったり小さくなったりします。

 

もし平常時はドルと円のペアで1銭のスプレッドの狭さであるとしても為替相場の変動がとても大きい場合には広くなったりするのです。

 

そのため、スプレッド幅が狭いのと合わせて変わらないということが大切です。

 

動かないスプレッドを表示する取引会社も多数存在しています。

 

現実に取引会社の取引画面で市場を確かめなければ見分けられないので面倒くさいですが肝心な事です。

 

重要な財産を使ってエントリーをするのですから、実際の売り買いの前に関心がある取引会社の取引するための口座開設をいくつもして示されているスプレッドの広さを確認しましょう。

 

同じ通貨ペアでもその時点の変動率(ボラティリティ)によって外貨のスプレッドの幅は変わることがあります。

 

いつもは銀行間取引市場で流動性の高い通貨の組合せではスプレッドの広さが狭く、他の通貨ではスプレッドの差が広がる事が多いです。

 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちレア情報カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはピックアップです。

次のカテゴリは出来ごとです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31