スプレッドの差額について

| トラックバック(0)

「スプレッド」とはFX投資は通貨を売買の注文をして利ざやを生む取引です。

 

買ったり売ったりの価格は、上がったり下がったりします。

それがマーケットです。

 

ニュースサイトを見ていると、外貨のマーケットの情報が流れる時があります。

例としてあげると、「今のマーケットは80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

 

これは80円50銭から80円52銭の間でトレードされているという意味ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭であることを表しています。

 

すなわち、取引には、買値と売値の両方の価格があります。

 

売値のことをビット、買値の事をアスクと表現している取引会社もあったりします。

 

売値が低くなるものです。

現実に買値は高く、売値は低くなるのが普通です。

 

その差額をスプレッドといい取引業者の収益といわれています。

スプレッドはFX業者によって変わります。

 

スプレッドの差はあなたにとって負担になるので、狭い業者をピックアップしたほうが有利です。

 

ただ、同じ取引会社でも場面に応じてスプレッドの差は大きくなったり小さくなったりします。

 

もし平常時はドルと円のペアで1銭のスプレッドの狭さであるとしても為替相場の変動がとても大きい場合には広くなったりするのです。

 

そのため、スプレッド幅が狭いのと合わせて変わらないということが大切です。

 

動かないスプレッドを表示する取引会社も多数存在しています。

 

現実に取引会社の取引画面で市場を確かめなければ見分けられないので面倒くさいですが肝心な事です。

 

重要な財産を使ってエントリーをするのですから、実際の売り買いの前に関心がある取引会社の取引するための口座開設をいくつもして示されているスプレッドの広さを確認しましょう。

 

同じ通貨ペアでもその時点の変動率(ボラティリティ)によって外貨のスプレッドの幅は変わることがあります。

 

いつもは銀行間取引市場で流動性の高い通貨の組合せではスプレッドの広さが狭く、他の通貨ではスプレッドの差が広がる事が多いです。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、workが2014年8月 8日 15:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「急にお腹に肉が付きだしたので、ダイエットを始めました。」です。

次のブログ記事は「ナンピンの仕組み」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28