2014年1月アーカイブ

敏感肌は、2タイプあります。1つは、先天性のもの、
2つ目は後天性のものです。先天性のものは、アトピー肌の人などが
当てはまりますが、これは体質と同じで、なかなか治すことは難しいです。
でも、敏感肌に悩んでいる人の中には後天性の人も多いです。
普段のスキンケアの間違いが、後天性の敏感肌を生むのです。


間違ったスキンケアをしていると、お肌は荒れ、角層の
バリア機能が壊れてしまいます。外からの刺激に弱くなりますので、
化粧水を使用した時などにピリピリといった感覚が出ます。


このような場合は、スキンケアを正すことで改善が出来ます。
間違ったスキンケアとは、洗顔、クレンジングのしすぎ、
肌に負担の掛かる日焼け止めの多用、食生活の乱れ、睡眠不足など、
生活習慣にも大きく関わってきます。


デリケートなお肌をつくらないためにも、生活習慣は見直し、
改めて、スキンケアの正しい方法について学んでみると良いと思います。
そうすれば、徐々に敏感肌も改善されますよ。

敏感肌といえば、おしりも意外とそうですよね~



世間では酵素酵素と何かと話題を呼んでいますが、健康のため、ダイエットのための酵素はそれぞれ異なる酵素なのです。

健康も維持したいものですが、特に女性が注目するのはやはりダイエットでしょう。

ダイエットにかかわる酵素は代謝酵素です。
新陳代謝が活発に行われていればダイエット効果が出やすいのですが、いくらダイエットをしても痩せないという方は、代謝酵素が減少しているかもしれません。

酵素はもともと体内で生成されるものではありますが、その多くはデトックスに有効な消化酵素として使われてしまいます。
ですので、実は代謝酵素はごくわずかな存在だったのです。

生きていくために必要不可欠な消化。
食べたものを消化する消化酵素は、代謝よりも重要だと判断され優先的に使われてしまうのです。

日ごろから野菜や果物を積極的に摂取している方は、
それほど極端に減少しないのですが、
年齢とともに酵素が減少するのは事実です。

どんどん野菜や果物を食べてもなかなか補い切れないものなのです。

そこで、酵素ドリンクをお勧めしたいのです。
酵素ドリンクは野菜や果物、野草などの酵素がぎっしり凝縮されています。

摂取した酵素は、消化酵素のあまり分しか代謝酵素にまわしてもらえません。
それならしっかりと酵素を摂取して、代謝酵素にもガッツリまわしてもらいましょう!



詳細はこちら(⇒お嬢様酵素口コミ公園)のサイトで!

このアーカイブについて

このページには、2014年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年12月です。

次のアーカイブは2014年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30