2013年8月アーカイブ

男性型脱毛症とは、やっかいなものです。
ある程度は対策出来るとは言え、
ほとんど強制的に始まってしまうのです。
そもそもこれはどうやって起こるのでしょうか。
男性型脱毛症は、
男性ホルモンが原因となって発症します。
男性ホルモンが原因なので、
女性でなる人は少ないのです。
原因となる男性ホルモンを、
テストステロンと言います。
テストステロンは、
本来男性らしい身体を作るという働きのある、
男性にとっては不可欠なホルモンですが、
ある条件が重なると、
男性型脱毛症の原因となるのです。
テストステロンが毛乳頭に達し、
そこにある5αリダクターゼという物質と
結合した時、
ジヒドロテストステロン(DHT)という物資が生まれます。
このDHTが、
男性型脱毛症を引き起こすのです。
DHTは、毛乳頭に作用して、
活動を妨げて、
ヘアサイクルの成長期を短くしてしまいます。
そうやって髪の毛の成長を妨げて、
薄くて弱い毛しか育たないようにするのです。
やがては産毛程度の毛しか育たないようになります。

育毛剤について詳しく知りたい方はこちら!

このアーカイブについて

このページには、2013年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年7月です。

次のアーカイブは2013年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30